トップページ > 教育・研修について

教育

教育・研修について

教育・研修埼玉医科大学総合医療センターは日本麻酔科学会認定指導病院、日本集中治療学会の認定施設、日本ペインクリニック学会の認定施設です。そのため国家資格である麻酔標榜医の取得、さらに一定期間の研修により麻酔専門医、集中治療認定医、ペインクリニック認定医の資格を得ることが可能です。また、2年で後期研修を終え、標榜医取得後に他科への転科も可能で、そのような医師も多数です.麻酔科研修の2年間は濃厚な実践医療であるため、どの科に行っても、その知識と技術は高く評価されます。当麻酔科は手術室麻酔部門、集中治療室部門、ペインクリニック部門、産科麻酔科、心臓麻酔部門の5部門を有します。手術室麻酔部門は日々の麻酔臨床を通じて、麻酔学のみならず、プライマリ・ケアとしての一次救命処置、二次救命処置を訓練し、かつ呼吸・循環・代謝等の全身管理の基礎知識、基本手技を身につけることができます。

教育・研修集中治療室は三次救命処置の訓練や人工呼吸管理、人工透析等、内科系外科系の重症患者管理を受け持っています。心肺蘇生についても、BLS、ACLS、PALS、ICLS等のインストラクター資格を有するスタッフがおり、コース開催含め、最新の蘇生法の教育および普及活動に積極的に関与している。ドクターヘリの運用に際しても、高度救命救急センターと協力して積極的に参加している。ペインクリニック部門は多くの外来患者を治療し、鍼灸師によるはり外来も設置し、鍼灸の研修も可能です。緩和ケアチームにも医局員が参加している。

教育・研修 他施設にない当麻酔科の特色は周産期麻酔部門が独立し、専任周産期麻酔医が産科麻酔や小児麻酔を担当している点にあります。2000年4月に開設された総合周産期母子医療センターは全国最大規模で、総合医療センターに隣接し、開設当初より無痛分娩、帝王切開術、産褥搬送の重症患者管理、不妊治療の麻酔等、産科麻酔に係わると共に、新生児麻酔、小児麻酔、あるいは胎児麻酔までも担当しています。産科麻酔のオピニオンリーダーとしての地歩を築いていて、全国の大学麻酔科から産科麻酔の研修者も多い。
川越産科麻酔フェローシップ は産科麻酔科の詳細ページを参照してくだい。

当センター初期臨床研修プログラム はこちらです。
麻酔科後期臨床研修プログラム はこちらです。