トップページ > 採用情報 > スタッフは語る > 後期研修医4年目

スタッフは語る

後期研修医4年目

前田紘一朗×青柳瑠美子

麻酔科に興味を持ったきっかけと、埼玉医大総合医療センターへの入局の決め手は何ですか?

  • 学生の頃に救命救急に興味を持ったのと、一度は他大学で研修したい思いがあり母校ではない大学病院で2年間初期研修を行いました。 初期研修では2ヶ月間麻酔科を研修し、全身管理ができる麻酔科に強い興味を持ちました。
    麻酔科研修の中で術後についても学びたいという思いが出てきて、術後ICU管理もできる麻酔科にと考えるようになりました。
    また、大学5年生の臨床実習時に宮尾教授から非常に熱心にご指導いただいた印象が強く残っており、教育熱心な所も魅力的でした。
    さらにペイン、産科麻酔、小児、心臓血管外科と将来の選択肢が広い所もあり、母校の麻酔科に入局を決めました。

  • 麻酔科研修中に、周術期全体を把握し調整する点がおもしろいなと思いました。
    onoffがつきやすく、働きやすいと感じたところも選択理由です。

レジデント時代の思い出を教えて下さい

  • 毎日の症例が自分にとっては新しいことばかりでした。
    次の日の症例に対して事前学習していましたが、合併症の多い重症患者さんの麻酔の時には、先輩方に色々と助けてもらいました。
    一症例毎に本当に学ぶことが多かったと思います。
    オフの日にはバーベキューや旅行などで周りの先生方との距離も近くなることができました。

  • 病態が安定していない難しい症例の手術を、外科医の先生方とともに無事に終えることができたときはホッとするとともに、やりきった達成感を感じます。患者さんが痛みや気分不快もなく気持ちよさそうに病棟に帰っていくところを見送るときも嬉しくなります。
    合併症が多いときに、どう麻酔計画を立てるのか悩みますが、上級医の先生方が気さくに相談にのってくれるので助かります。

いまチャレンジしていることは何ですか?

  • 月並みですが、日々の症例に対して、新しく得た知識を取り入れたり、その患者さんにとってベストだと思う麻酔を実践しています。
    サブスペシャリティの方向性を決めるために各方面の書籍を読んでいます。

  • 子育てと仕事のどちらもできるだけおろそかにしないように、頑張っています。

1日のスケジュールを教えて下さい

START

6:30
起床
7:30
職場へ
ICU回診や朝一の症例の準備

START

6:30
自宅を出発
(その前に ・子供の朝食作り×2
・洗濯・保育園の準備 など)

8:00
カンファレンス
8:30
ミニレクチャー
8:50
手術室にて麻酔業務

START

7:30
麻酔準備

17:00
術前診察
次の日の症例の事前学習

START

8:00
カンファレンス
8:50
麻酔開始

18:30
帰宅

START

夕方
勤務終了

GOAL

5年後の自分に一言メッセージを

  • サブスペシャリティを持ち、明確な目標を持って日々の臨床業務に取り組んでいてほしいです。

  • いろんなことがあると思いますが、その時々で選んだことがたぶん正解なので迷わずいきましょう。

お互いへの応援メッセージをお願いします

  • 子育てをしながら日々臨床業務に臨む姿を見ると、自分も頑張らなければなという思いになります。
    お子さんがいながらだと予測外の事も多く大変だとは思いますが、これからも頑張って下さい。
    切磋琢磨できる存在になれるよう僕も頑張ります。
  • いつも明るくみんなを楽しくさせてくれる前田君は、これからの医局にますますかかせない人物だと思います。
    同期入局だけど、1歩も2歩も前をいく前田君を頼りにしてます。
    これからもよろしくお願いします。